About this Blog & About me(はじめに)

【2020年7月最新版】Googleアドセンス合格時のサイト状況と、不合格→合格になる前後のサイトの違いについての詳細

ブログ運営

2020年3月以前とその後では、Googleアドセンスの審査基準が変わったのでは?と考えるほど、審査が厳しくなりました。
以前なら合格していただろう内容の、クオリティの高いサイト(ブログ)であっても、コロナの影響で審査すらしてもらえないという声が相次ぎ、最近では「コロナ落ち」という言葉まで定着したほどです。

わたしもアドセンス審査にはずいぶん悩まされましたが、2020年7月にようやく合格を知らせるメールを受け取ることができました。

CHECK

この記事では、何十回もアドセンス審査に落ちた筆者が、不合格の経緯と、アドセンス審査に合格した時のサイト状況をまとめ、不合格→合格になる前後のサイトの違いについて詳しく書いています。

ソラ
ソラ

初めに申し上げますが、審査に合格する方法を明記しているわけではありません。
しかし、アドセンス合格を目指す方の参考材料として、少しでもお役立ていただけることを願っております。

以下、タイトル1.「不合格の経緯」については、これまでの不合格状況を振り返りつつ、筆者の心境を書き記しています。

この「不合格の経緯」は読み飛ばしていただいても構いません。
けれども、そこを読んでいただくことで、アドセンス審査に何度も不合格となっている方には共感を、審査に一発合格したという方には落ちた者の目線を知るという意味での新たな発見を、見つけていただければ幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス審査・不合格の経緯

はてなブログ時代

わたしが最初に開設したのは、はてなブログ(無料版)でした。
はてなブログでは妊娠中~育児にまつわる日記を書いていて、他のブロガーさんとの交流も楽しく、始めてから一年くらいは楽しく続けていたのですが、二年目以降は少しずつ飽きてだらけていきました。

そんな頃、無料ブログでもGoogleアドセンスに申請できるようになった(一時期は独自ドメインでしか申請不可でした)と知りました。
アドセンスに合格できるサイトの条件などを調べて、また一からブログを作り直すくらいの気持ちで頑張って記事を書いて、いざアドセンス審査に申し込んでみたら……

参考画像1
実際のメール

【不合格】
理由は、
・サイトの停止または利用不可
・価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について

サイトの停止、と言いつつ、価値の低い広告枠と評するのはどういうこと?アクセスできてるから二つ目の不合格理由があるのでは…??

後で知ることとなるのですが、はてなブログとGoogleアドセンスは相性が良くないと、ブロガーさんの間では有名な話だったようです。
※はてなブログで合格されている方も数え切れないほどいらっしゃいます。あくまで統計的な話として、です。

ソラ
ソラ

この後、長くこの「サイトの停止または利用不可」という不合格理由に悩まされることとなりました。

これがまた厄介なことに、審査の申し込みをするたびに、不合格理由から消えたり、同じサイト状況なのにふたたび不合格理由に現れたりするのです。

結局、はてなブログでのアドセンス合格は諦めて、総合的に評価の高いWordPressへ引っ越しすることにしました。

WordPressへ引っ越した後

新規サイト審査

WordPressで新たにブログを開設して、渾身の記事をいくつか書き、それまで蓄えたアドセンス対策の知識をフル活用してサイトを作り上げ、いざ!今度こそ!!という気持ちで、アドセンス審査に申し込みました。

結果……

参考画像2

\サイトを審査できません/

こんな切ないことある…?

WordPressのブログでアドセンス審査に始めて申し込んだのは、奇しくも2020年3月。「新型肺炎の影響で……」という、それまで誰も見たことのなかった不合格理由が世に出回り始めたばかりの頃でした。
なんというタイミングの悪さ。大人だけどリアルに泣きそうだったよ…?

ソラ
ソラ

そこからは、コロナ落ちとの長い戦いとなりました。

その審査基準についてはっきりとした答えは分からないまま、5月頃に突然コロナ落ちを抜け出せましたが、その後は「価値の低い広告枠」の一点張り

しびれを切らしたわたしは、裏の手を使いました。

サイト追加審査への転換

実は、夫もブログを運営していて、そちらはなんと2020年1月にサクッとGoogleアドセンスに合格していたのです。

ソラ
ソラ

先に合格した夫のブログは、当時まだ4記事のみ、1記事あたりの文字数は1,000文字以下、内容もそんなに濃いとは言えませんでした。
なのに合格できたのは何故?と、夫本人ですら首を傾げています。

すでに合格したアカウントに、別のサイト(ドメイン)を追加するほうが、新規審査よりも通りやすいと聞いて、試しに夫のアドセンス・アカウントからサイト追加審査を申し込んでもらいました。

結果は、「複数のポリシー違反」により不合格。
さらに厄介なことに、この後、2020年7月に合格するまでの間ずっと、不合格理由が「複数のポリシー違反」としか書かれていなかったのです

審査に落ち続けていた時の心境

不合格理由「複数のポリシー違反」の中にも、「コンテンツが複製されたサイト」とか「コンテンツ不足」とか、もう少しいろいろありますよね。

それなのにGoogle先生から、仕事は見て覚えろ!先輩の技を盗め!!みたいな答え方をされ続け、心が折れそうでしたが、諦めの悪いわたしは「まだできることがあるかもしれない」という気持ちと、「まあアドセンスがすべてではないしブログを楽しみつつ、できることはやろう」という気持ちを併せ持ちながら、その後もアドセンス審査に挑戦し続けました。

すでに合格した方の記事やツイートを片っ端から読んで研究し、自分の中で仮説を立てて、ブログを調整してからふたたび審査申し込みへ、ということを繰り返し、2020年7月27日、ついに!合格することができました!!

ソラ
ソラ

審査に落ち続けていた頃は、終わりの見えない戦いにほとほと疲れ果てていました。このままもう一生受からないのでは?とさえ考えました。

自分も苦労して合格した分、今まさにアドセンス審査に挑戦している方の、少しでも助けになればと思い、魂を込めてこの記事を書いています。

さて、ここからが本題です。
次のタイトルから、アドセンス審査に不合格だった時のサイト状況と、合格した時のサイト状況の違いを詳しく見ていきます。

アドセンス合格時のサイト状況と、不合格時との違い

アドセンス合格時のサイト状況

合格時のサイト状況一覧表

審査種類サイト追加審査
審査申請日2020年7月22日
審査合格日2020年7月27日(申請日から5日後
記事数10記事
+審査中に1記事追加=合計11記事(自己紹介記事含む)
文字数平均3,210文字
(一番少ない記事で1,535文字、多い記事で8,218文字)
カテゴリー数4つ
・「映画・ドラマ・アニメ・本」記事数1
・「家電・日用品」記事数4
・「Cocoonの使い方」記事数5
・「自己紹介」記事数1
プライバシーポリシー有り
お問い合わせページ有り
SSL化済み
画像自作画像・フリー画像ともに有り
(すべての画像にAlt・代替テキスト入力済み)
アフィリリンク多数有り
ランキングバナー有り

申請から結果が届くまでの期間について

Googleアドセンスの審査にかかった期間は、合格時は、5日間でした。

不合格の時は、審査の申し込みをした翌日に結果が届いたこともありましたし、10日以上待たされて結局不合格だったことも。

意識して気を付けたこと

何よりもまず気を付けたのは、GoogleアドセンスのNGワードを使わないこと。
※アドセンスにおける具体的なNGワードは、AdSense公式サイトでしっかりと確認しておいてください。

せっかく良質な記事が書けたとしても、NGワードひとつで弾かれるのは悔しいです。
基本的なことですが、意識的にNGワードを避けて、この言葉は微妙かな…?と少しでも思うワードは他の言葉に言い換えて書くように心がけました。

当サイトの場合ですが、このNGワード・禁止事項について、審査前にひとつ危惧していたことがあります。

それは、「ナイトブラ」に関しての記事の中に、ナイトブラの写真やイラストがいくつも入っていたことでした。
もしかしたらこれが単純に下着とみなされて、アドセンスの禁止事項に引っかかるかもしれない……と心配しましたが、実際は、ナイトブラの記事もアップしたままの状態でアドセンスに合格することができました

この記事もアップしたままでアドセンス合格

アドセンス合格時と不合格時との違い

  • ブログの方向性を見直して、明確にした
  • カテゴリー名を変更・整理した
  • サイトトップ・サイドバーをカスタマイズして、カテゴリーごとの記事へのアクセスを簡単・かつ分かりやすくした
  • Googleサーチコンソールでのインデックス削除を必要以上にしなかった

ブログの方向性を見直して、明確にした

審査に落ちていた間は、「育児×おたく主婦の雑記ブログ」というコンセプトで、育児の話もたくさん書いていましたが、思い切って、育児関連の記事をすべて下書きに戻しました。
そして新たに、「初心者ならではの視点でCocoonの使い方を分かりやすく説明する」記事を複数、一切手を抜かずに丁寧に書いて追加。

結果、「やさしいWordPressの使い方×おたく主婦の本気のおすすめ作品&商品レビュー」を書くブログとして、ブログ全体の方向性を修正しました。

ソラ
ソラ

この時点で再度、アドセンス審査に挑戦しましたが、結果は不合格でした。

カテゴリー名を変更・整理した

「映画・ドラマ・アニメ・本」
「家電・日用品」
「Cocoonの使い方」
「はじめに」

この四つにカテゴリーを分けて、カテゴリー名も、初めて来てくださった方にも分かりやすい名前に変更しました。
たとえば、「映画・ドラマ・アニメ・本」のカテゴリーは、もともと「映像・書籍」という名前にしていましたが、それではパッと見で何が書いてあるのかよく分からないのでは?と思い、「映画・ドラマ・アニメ・本」に変更したのです。

カテゴリーごとの記事へのアクセスを簡単に、かつ分かりやすくした

サイトトップのヘッダー(グローバルメニュー)をカスタマイズして、パッと見でどんな記事があるのか判別しやすく、またカテゴリーごとの記事に簡単にアクセスできるように変更しました。

あわせて、サイドバーにも分かりやすいカテゴリー別リンクを加えて、ユーザビリティの向上を意識しました。

Googleサーチコンソールでのインデックス削除を必要以上にしなかった

Google検索で「site:自サイトURL」を入力して検索すると、Googleにインデックス登録されているページの一覧が出てきます。

その中に、カテゴリー別の記事一覧ページがインデックスされていると、「価値の低い広告枠」と判断されてしまうかも?という情報を得て、これまでは審査に出す前にいちいちチェックしてサーチコンソールで削除依頼していました。

……が、実はこれが良くなかったのかもしれない、と今は考えています。
実際に、Googleへのインデックス登録・削除を必要最小限(具体的には、新規投稿記事の追加&下書きに戻した記事の削除依頼のみ)にして、カテゴリー別の記事一覧ページがインデックスされていてもあえて削除依頼せずにアドセンス審査に申し込んだ後で、ようやく審査に合格しました

まとめ

合格時のサイト状況

当サイトの場合は、

・2020年7月申請→5日後に合格通知
・11記事
・カテゴリー4つ(記事数が1つしかないカテゴリーも有り)
・フリー画像、アフィリリンク、ともに多数有り

という状態での、アドセンス合格でした。

自己分析

自己分析の結果、合格に至った最大の理由は、

サイトの方向性を変えた
(育児関連の記事は全て下げて、WordPress・Cocoonの初心者向けの記事を増やした)

▼ヘッダーとサイドバーどちらからも、カテゴリーごとの記事にアクセスしやすくした

▽↑あわせて、ブログにどんな記事があるのか一目でわかるようになった

Googleへのインデックス登録・削除を必要最小限にした(新規投稿記事の追加と、下書きに戻した記事の削除依頼のみにした)

以上、4点が大きいと考えています。

長くなりましたが、最後までお読みくださりありがとうございました!

ブログ運営
スポンサーリンク
\シェアしてもらえたら嬉しいです/
ソラのSNSはこちら↓Follow me(^^)/
ソラ

30代。1児の母。FP2級。古のおたく。『日々をたのしく、健康に美しく』を目標に。

このブログでは《美容系多めのおすすめ厳選グッズ》×《オタクの惚れた作品紹介》、その他、子育てのことなど多岐にわたって書いています。

Twitter・note・楽天ROOMなどのフォローもお気軽にどうぞ~!

ソラのSNSはこちら↓Follow me(^^)/
ぐるりのそら

コメント

タイトルとURLをコピーしました