About this Blog & About me(はじめに)

【子供のお手伝い内容】手伝いたがる2~3歳児に向き合ったり受け流したり

子育て

できることが増えてくる、2~3歳頃に、うちの子も親のお手伝いを進んでやりたがるようになりました。

その気持ちはとても嬉しいし、できることなら何でもやらせてあげたい、と思う一方で……

ソラ
ソラ

子どもに家事をお手伝いしてもらうのって実は面倒くさいんですよね。時間にも気持ちにも余裕のある時でないと、つい断りたくなってしまいます。

この記事はこんな人におすすめ

・2~3歳児の育児中の方(or これから2~3歳になる子どもをお持ちの方)

・お手伝いしたがる子どもとの向き合い方に悩んでいる方

※この記事には、キラキラした育児を目指せるようなことはなにも書いていません(すみません)。

ただ、子どものお手伝いしたい欲求を適度に叶えたり、受け流したりしながら、親ができるだけイライラしないで済む方法模索した、我が家のやり方についてご紹介します。

なにかひとつでも、共感していただけたり、参考になることがあれば幸いです。

スポンサーリンク

子どものお手伝いが面倒くさく思う理由

やり方を教えるのに手間と時間がかかる

初めてやることは誰だって分からないものですし、ましてや、相手は幼児です。

一度教えてすぐにできるようになるなら話は早いですが、大人にとっては簡単な動作でも、根気よく何度も繰り返し教えてあげる必要があります。

ソラ
ソラ

子ども自身が思い通りにできなくてグズり始めたら、宥めることも必要です。

そして、上手くできたら
「みてー!ほら、みて!!」
と言われ続けたり、
「ママもこうやって」
と子どものやり方を強要されたりもします。

めんっっっd……いや、それを言ったらおしまいだ……と、ぐっと堪えます。

やり方を覚えた後にも時間がかかる

子どもの作業は、遅いです。

加えて、うちの子もそうですが、やたら拘りの強いのがこの年代(2~3歳)の特徴で、出来上がりが納得のいくものでなければ何度だってやり直します。

そして最後はグズります。
勘弁してくれ。

後でこっそり親がやり直す手間がかかる

子どもが上手にできるようになるまで、お手伝いしてくれた後に、結局また親がやり直すことも多々あります。二度手間です。

ソラ
ソラ

しかしここで注意したいのは、決して子どもの目の前で手直しをしないこと。

子ども本人には、一生懸命お手伝いしてくれたことへの感謝の気持ちだけ伝えます。

そして親は、手直しをするなら子どもから見えない所でこっそりやるように気をつけています。
子どものやる気を削ぐことも、プライドを無駄に傷つけることもしたくないためです。

我が家のお手伝いの方法

子どもに何をどこまでお手伝いしてもらうかは、家庭によって異なると思います。

たとえば、娘と同い年の子どもを持つママ友の家では、2歳頃からもう料理の下準備もお手伝いしてもらっていたそうです。
しかし我が家では、ただでさえ料理の苦手なソラには子どもをキッチンに招き入れることすら躊躇われます。

ソラ
ソラ

お手伝いしてもらうのって、想像以上に親側のキャパシティが問われるのだと、親になって初めて知りました。

では、我が家ではどんなお手伝いをしてもらっているのか、について詳しく書いていきます。

お手伝い・1歳半~2歳頃まで

1歳半頃から、家事をするわたしの後ろにちょこまかとついて回っていた娘に、初めてしてもらったお手伝いは、洗濯物を干す時にハンガーを手渡すことでした。

もちろん、最初から上手くはいきません。

まだ1歳半だった当時の娘は、母に渡してくれるハンガーの数の五倍くらいは床に投げ捨てて遊んでいました。
辺り一面ハンガーの海。
今ではそれも懐かしいです。

その後、2歳を超える頃には、きちんとハンガーを手渡してくれるようになりました。立派なお手伝いです。

ソラ
ソラ

いちいちかがんでハンガーを持ち上げる動作がない分、母の腰は救われました。ありがとう娘。

お手伝い・3歳から

3歳になってからは、どんどん指先も器用になりました。

そこで、

①ハンガーにつけている洗濯バサミを取り外してから、

ハンガーだけを先に母に渡して、

③最後に、洗濯バサミを渡す。

という動作にグレードアップしました。

ソラ
ソラ

このお手伝い、けっこう助かります!

また、外に干した洗濯物を取り込んだ後は、小さなハンドタオルから大きなバスタオルまで、タオル類は娘が一人でほぼ全て畳んでくれるようになりました。

はじめはぐちゃぐちゃに丸めて終わりだったのが、毎日お手伝いするうちに少しずつ上手になり、今ではもう娘が畳んでくれたタオルをそのまましまえるほど上手に畳めるようになったのです。

お手伝いをしてもらった親の反応

親のほうは、お手伝いをしてもらうたびに「助かったわ、ありがとう」と必ず声をかけるようにしています

子どもに感謝を伝えるためにも、子どものしてくれたことを当たり前だと自分が思わないためにも。

今後、新たに増やすお手伝いは「お米とぎ」にする予定

おかげさまで娘はすくすくと育ち、日に日にできることが増えてきました。

そこで、次のお手伝いは、お米を研ぐこと、にしようかと考えています。

ソラ
ソラ

私自身、実家にいた時は、働き者の母に甘えてお米すらまともに炊いたことはありませんでした。そして苦労した結婚直後。
……と言いつつ、結婚してから数年経った今でも、料理は苦手なままです。涙

食べることは大好きなので、おいしい物は食べたいけれどもそれを作るのは面倒くさい、というジレンマと毎日戦っています。
頭をよぎる、自業自得、の四文字。

娘にはそんな思いをしてほしくないので、わたしも苦手ながらも、少しずつ料理のお手伝いをしてもらうつもりです。

ソラ
ソラ

まずは簡単なお米研ぎから。
その後は、娘の様子を見ながらまた考えます。

子どものお手伝い一覧と、注意事項まとめ

  • 洗濯物のお手伝い(ハンガーを手渡すだけ)からスタート
  • 成長したら、複数の動作(ハンガーから洗濯バサミを取る等)を加える
  • 洗濯物を畳む時は、簡単なミニタオル等から畳んでもらう
  • 子どものしたことを親が手直しする際は必ず子どもから見えない所で
  • お手伝いしてくれた子どもには感謝の気持ちを伝える

我が家のお手伝い事情(2~3歳編)は以上です。

子どもの、やってみたい!という気持ちや、お父さんお母さんを助けたい、という気持ちを尊重しつつ、親もイライラしないために、子どものお手伝い欲を全て叶えるよりも適度に受け流して失敗しても影響の少ないことから始めてみると良いと思います。

ソラ
ソラ

わたしの場合は、それが「洗濯のお手伝い」でした。

わたしにとっては、料理のお手伝いをさせるのは少しハードルが高いです。
けれども、徐々に、できるだけ余裕のある時を見計らって、キッチン周りのお手伝いも始めてみたいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

産後のバストケア、してますか?

【Viageナイトブラ】の評判・口コミをレビュー!一年以上使った30代の本音【写真つき】

子育て
スポンサーリンク
\シェアしてもらえたら嬉しいです/
ソラのSNSはこちら↓Follow me(^^)/
ソラ

30代。1児の母。FP2級。古のおたく。『日々をたのしく、健康に美しく』を目標に。

このブログでは《美容系多めのおすすめ厳選グッズ》×《オタクの惚れた作品紹介》、その他、子育てのことなど多岐にわたって書いています。

Twitter・note・楽天ROOMなどのフォローもお気軽にどうぞ~!

ソラのSNSはこちら↓Follow me(^^)/
ぐるりのそら

コメント

タイトルとURLをコピーしました