About this Blog & About me(はじめに)

【記憶力ゲーム】子供向けの神経衰弱カードで、複数の知育遊び&英語の勉強までできる!

子育て

こんにちは、ソラです。

現在3歳10か月の娘に、記憶力をきたえる「メモリーゲーム」をさせたいと、すこし前から考えていました。

ソラ
ソラ

いろいろ比較検討した結果、我が家は「メモリーゲームカード=神経衰弱の子ども用カード」を選びました!

これ1つあれば複数の知育遊びができちゃう、保護者にとってはうれしいカード。

見た目もかわいくて、子どもの食いつきもとてもよいです。

スポンサーリンク

メモリーカードゲームの特徴

メモリーカードゲームの実際の写真

メモリーカードゲームの写真
箱の表面
メモリーカードゲームの箱
箱の裏面

13.5㎝×約15㎝のサイズの箱に入っています。コンパクト。

メモリーカードゲームに入っているカードは68枚(34組)

メモリーカードゲームの箱のなかには、68枚(34組)のカードと、あそびかたガイドが入っています。

ソラ
ソラ

ちなみに、トランプはジョーカーをのぞけば52枚。メモリーカードゲームに入っているカードの枚数は、トランプより多いということですね。

厚みのあるしっかりとしたカードで、かんたんには折れません。

かたちは、約6㎝×約6㎝の正方形。

子どもの手にも扱いやすいサイズです。

絵の名前が日本語と英語でかかれている

この写真↓の下の方にある、2枚の「ぞう」のカードをご覧ください。

メモリーカードゲームの写真
実物の写真

むかって左側のカードには英語、右側のカードには日本語(ひらがな)で絵の名前が書かれています。

カードに描かれたイラストがかわいらしく、子どもの反応もよいです!

メモリーカードゲームの使い方

遊び方①「メモリーゲーム(神経衰弱)」

カードを向けて並べ、2人以上で順番にカードをめくり、同じ絵のカードが出たらそのペアをもらえる、という遊び方。

はやい話が、トランプゲームの「神経衰弱」です。

ソラ
ソラ

お子さんの年齢にあわせて、少ない枚数からはじめていくのがコツ。慣れてきたら、10組、15組、と徐々に枚数を増やします。

遊び方②「名前あてクイズ」

カードをにして並べ、そのなかから同じ絵のペアをさがします。

ソラ
ソラ

「ぞうはどこにいる?」とか、「りんごはどこかな?」と、問いかけながら遊びます。お子さんが小さいうちは、この遊び方からはじめるのがおすすめです!

遊び方③「仲間あつめ」

カードを「食べ物」、「色」、「形」などで、仲間にわけて遊びます。

ソラ
ソラ

「このなかで、食べ物はどーれだ?」などと言って、お子さんに仲間を集めてもらってください。

仲間あつめゲームは、思った以上に頭をつかうため、大人でも一瞬「えっと…?」と考えてしまうときも。よい脳トレになります。

遊び方④「かるたあそび」

ペアになるカードの一方を読み札に、もう一方を取り札にして「かるた取り」ができます。

ソラ
ソラ

はじめに日本語のカードを読み札に・英語のカードを取り札にして遊んだあと、今度は読み札と取り札を逆にして、英語を読み札・日本語を取り札に、と変えて遊ぶこともできます。英単語を自然と学べるのがうれしい!

メモリーカードゲームの値段は、約1,000円強~1,500円前後

メモリーカードゲームの価格は、約1,000円強~1,500円前後です。

ソラ
ソラ

値段だけみれば他にもっと安い商品がありましたが、安いものはどれも入っているカードの枚数が少なめ。カードの枚数からも、商品のクオリティの高さからも、この「メモリーカードゲーム」がいちばん、コスパが抜群によいです!

実際の子どもの反応

最初は、カードの絵柄を見て楽しむだけ

我が家の3歳児は、カードのかわいいイラストに惹かれて、最初は好き勝手にカードを箱から出したり入れたりして遊ぶだけでした。

ちょうどひらがなが読めるようになったばかりの頃で、カードに書かれたひらがなを自分で読む姿も。

神経衰弱のルールは、繰り返し遊びながら覚えた

3歳の子どもと神経衰弱をしようとしても、はじめの頃は、順番は守らない、一度に何枚もめくろうとする、などと、ルール無用の無法地帯状態に。

でも、3歳児って、親が考えている以上に賢いんです。

何度も根気よくルールを説明しながら遊ぶうちに、順番を守ることも、一度にカードをめくれるのは2枚までというルールも、理解しはじめました。

ソラ
ソラ

うちの子の場合は、初めてメモリーカードゲームを使ってから一ヶ月も経たないうちに、親と一緒に「神経衰弱」のゲームを楽しめるまで成長しました!

今では、きちんとじゃんけん順番を決めたり(ただし「ママはぐーだしてね、むすめちゃんはぱーだすから」と言われたりはします。笑)、めくったカードの位置を一生懸命覚えようと頑張りながら遊んでいます。

おすすめの子供向けメモリーカードゲーム・まとめ

  • 入っているカードの数が多い(68枚/34組)
  • イラストがかわいくて子ども受けもよい
  • 日本語英語の両方の表記がある
  • 厚みのあるカードで折れにくい
  • 子どもにも扱いやすいサイズ感
  • メモリーゲーム(神経衰弱)以外の遊び方もできる

がっつり知育!幼児教育!!という感じではなく、カードゲームとして楽しく遊びながら、記憶力をきたえたり、言葉を覚えたりできるというのがよいなぁと思いました。

ソラ
ソラ

記憶力語彙力を鍛えるだけではなく、きちんとルールを守ろうとする成長も見られました。

ぜひお子さんと一緒に遊んでみてくださいね。

こんな記事も書いています

【プリキュア映画】おすすめ7選!プリキュア初心者でも楽しめる当たり映画を厳選【Amazonプライムビデオ】

子育て
スポンサーリンク
\シェアしてもらえたら嬉しいです/
ソラのSNSはこちら↓Follow me(^^)/
ソラ

30代。1児の母。FP2級。古のおたく。『日々をたのしく、健康に美しく』を目標に。

このブログでは《美容系多めのおすすめ厳選グッズ》×《オタクの惚れた作品紹介》、その他、子育てのことなど多岐にわたって書いています。

Twitter・note・楽天ROOMなどのフォローもお気軽にどうぞ~!

ソラのSNSはこちら↓Follow me(^^)/
ぐるりのそら

コメント

タイトルとURLをコピーしました