【食洗機使える水筒】食洗機対応のおすすめはサーモス!子供用にもOK

水筒・食洗機対応OKで子供にもおすすめ

水筒を毎日手洗いするのは面倒くさいですよね。

食洗機が使える水筒に買い換えるだけで、毎日の手間とストレスを減らせます。

サーモスの食洗機対応(食洗機可)水筒は、保冷・保温機能つきのステンレス製。中身がぬるくなる心配もないし、飲み口やパッキンまで食洗機で丸洗い可能です。

専用ポーチをつければ、子供や小学生でも使いやすい!

この記事を読むと、食洗機で丸洗いできる水筒のおすすめから、実際に使った様子までわかるので、あなたにピッタリの食洗機対応水筒を選んで帰宅後のひと仕事を減らすことができます。

目次

食洗機使える水筒・食洗機対応のおすすめ

食洗機対応の水筒は、サーモスがおすすめです。

THERMOS(サーモス)の水筒・食洗機対応モデル

サーモスの水筒は保冷・保温機能ありの魔法瓶構造でありながら、食洗機で丸ごと洗えます。

軽量&コンパクトで、持ち運びにも便利。

毎日使う水筒を「食洗機対応」に替えるだけで、疲れて帰った後のひと仕事を減らせますよ。

THERMOS(サーモス)食洗機対応水筒のサイズ

容量500ml
本体重量300g
本体寸法幅×奥行×高さ(約cm) 6.5×7.5×23
保温効力(6時間)69℃以上
保冷効力(6時間)10℃以下
口径約4cm
サーモス水筒の概要

容量500mlで、重さはわずか300g。

スリムな形状なので、リュックの横ポケットにも入れやすいです。

食洗機対応の水筒でおすすめはサーモス!使ってみたレビュー

水筒で食洗機対応のおすすめ・サーモスを実際に使ってみました。

使い心地と実際の写真

水筒・食洗機対応OK・子供も使える
サーモス食洗機対応モデルの水筒

水筒を箱から出すと、めちゃくちゃ軽い!

300gってどれくらいだろう?ってピンときませんでしたが、実際に持ってみると予想以上に軽かったです。

水筒で食洗機対応のおすすめ
片手でサッと開けられます

水筒のフタはワンプッシュで開きます。

ボタンを軽く押すだけでパカッとフルオープンになるので、片手でもラクラク使えます。

パッキンの取り外し・取り付けも簡単

食洗機で丸洗いできても、パッキンをつけたり外したりは面倒くさそう……と心配していましたが、実際に使ってみたら拍子抜けするくらい簡単でした。

サーモスのパッキンはどこで買えるかも解説
簡単に外れました

初めてでもササッと全パーツをバラバラにできました。

取り付けも簡単。助かります…!

食洗機で洗える水筒はラク

食洗機に入れてみたら、余裕で入りました。

水筒で食洗機対応OKのおすすめはサーモス
食洗機の下段に余裕で入りました

スリム&コンパクトで、食洗機にも入れやすいです。

飲み口やパッキンは小物入れに。

サーモスの水筒・食洗機対応モデル
パッキンなどは小物入れへ

小物入れがついていない食洗機では、小物ネットを使ってくださいね。

小物ネットの使い方は、ふたを開けて中に小さなパーツを並べるだけ。

あとは食洗機にポイッと入れられます。

食洗機対応の水筒は子供用にもおすすめ

食洗機対応の水筒は、子供用にもおすすめです。

専用ポーチで肩掛け紐(ショルダーベルト)もつけられる

子供・小学生用の水筒には肩掛けが必要ですよね。

サーモスの水筒本体はシンプルですが、専用ポーチをつければ肩に掛けて持ち運べます。

500mlのポーチは3種類。

筆者の子供は「パープルスター」を選びました。かわいい。

子供の水筒は食洗機対応でステンレスのサーモスが便利

サーモスの食洗機対応水筒を買ってから、帰宅後のひと仕事が減らせて心に余裕ができました。

以前までは、子供と家に帰ったあと慌ただしく荷物を片付けて、水筒を手洗いして……という作業を毎日毎日繰り返し。

ソラ

地味にしんどかったです

水筒を食洗機で丸洗いできるのは、精神的にもすごくラク。

✔︎重さ約300g

食洗機で洗える!食洗機対応・食洗機可能な水筒のおすすめ|まとめ

食洗機対応の水筒で、おすすめはサーモス。

水筒を食洗機対応に替えるだけで、毎日手洗いする手間が省けてラクになります。

子供用に使うなら、肩掛け付きの専用ポーチも一緒に買いましょう。

毎日、疲れて帰った後に水筒を手洗いするのはしんどいですよね。

食洗機で丸洗いできる水筒を使って、少しでもラクになれる時間を増やしましょう!

シェアしてもらえたら嬉しいです
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次